ラピステクノロジーの半導体事業

ラピステクノロジーの事業領域、優位点、品質についてご紹介します

ラピステクノロジーの事業領域

ラピステクノロジーは、特長ある技術を活用した半導体製品を展開しています。

マイクロコントローラ
低消費電力と多彩なバリエーション

マイクロコントローラは、電子機器の制御に必要な演算回路やメモリ、周辺回路、入出力などの機能を1つに集積しシンプルに制御システムを構築しています。
ラピステクノロジーのマイクロコントローラは、デジタル時計などに採用された初期のシリーズから「低消費電力」を特長として製品展開を行ってきました。常に業界トップクラスの低消費電力性能を実現することで、電子機器の省電力化や小型化に貢献しています。また、周辺機能として液晶ドライバや音声再生機能、メモリ容量やパッケージ毎のラインアップを拡充し、バリエーション豊かな製品を展開しています。

無線LSI
多様な無線規格の半導体製品でIoTをリード

すべてのモノがネットにつながる「IoT(Internet of Things)」に重要な半導体が無線LSI です。多くのセンサやモノからデータを集める必要があり、コイン電池などで長期間通信ができる低消費電力無線通信半導体が必要になります。
ラピステクノロジーは、LPWA(Low Power Wide Area)、サブギガ(Sub-GHz 帯)、Bluetooth® low energy など複数の低消費電力無線通信規格の半導体を提供できる数少ない国内メーカーとしてお客様をサポートしています。

※ Bluetooth®は、Bluetooth SIGの登録商標です。

メモリ
玩具から車載まで、多様な仕様の要求にお応え

PC などのメインメモリとして使用されるDRAM ですが、次々に大容量品が開発され、中小容量の従来品が廃品になる場合が多く、お客様は常に調達難のリスクを抱えています。
ラピステクノロジーでは中小容量のDRAM を長期安定供給し、お客様の供給不安を解消しています。国内唯一のSDRAM メーカとして四半世紀以上にわたるDRAM の供給実績を元に、産業機器、車載で求められる高品質・高信頼のSDRAMをご提供します。画像用メモリの一種であるFIFO(First In First Out) メモリ や、小容量ながら高速で書き換えが可能な強誘電体メモリ(FeRAM) など豊富なラインアップを取り揃えています。

ディスプレイドライバ
TV・スマホから車載まで幅広いディスプレイに採用

わたしたちの身の回りには、TVやスマホ、駅や街の大型表示モニタなどのディスプレイが存在し、その種類も液晶や有機EL(OLED)、LEDなど多種多様です。
これらディスプレイに文字や情報を表示するためには専用のディスプレイドライバが必要です。
ラピステクノロジーはディスプレイの種類に応じた最適な駆動方式のディスプレイディスプレイドライバをラインアップしており、 大型テレビ、PC 用モニタ、車載ディスプレイ、産業機器モニタなど幅広く採用されています。

画像LSI
豊富な採用実績により培われた品質

車載向け画像LSI 市場での豊富な採用実績により培われた品質と、高信頼性をベースにしたアナログ・デジタルミックスドシグナル技術、各種高画質処理技術により、お客様のご要望に応じ、システムの最適化をサポートする製品開発を行っています。

半導体市場におけるラピステクノロジーの強み

さまざまな半導体製品を発信しているラピステクノロジーの強みをご紹介します。
特長ある保有技術と社内体制により、業界トップクラスの製品を創出しています。

1. 設計・開発・生産をロームグループで連携

ラピステクノロジーでは、ラピスセミコンダクタを含むロームグループ各社の工場と連携を取りながら、企画・仕様決定から量産出荷までを行っております。お客様の要求に最短のサイクルタイムでお答えし、高い品質を実現します。

2. 業界トップクラスの品揃えと性能を実現する、無線LSI

LPWA(Low Power Wide Area)、サブギガ(Sub-GHz 帯)、Bluetooth® low energy などの無線LSI は海外メーカーが台頭するなか、ラピステクノロジーは国内で開発を行っています。日本、欧州、中国などワールドワイドのスマートメータの規格に準拠した無線LSIを製造しており、世界の使用環境に応じた品揃えを誇っています。

3. 国産メモリ製造のパイオニア

ラピステクノロジーは国内唯一のSDRAM メーカとして四半世紀以上にわたるDRAM の開発・経験・実績を元に、産業機器、車載で求められる高品質・高信頼のメモリ製品を提供しています。車載で求められる品質、サポート、トレーサビリティ、供給安定性を達成し、多くの実績があります。

4. 超低消費電力&低電圧動作で業界トップクラスのローパワーマイコン

ラピステクノロジーのローパワーマイコンは低電圧動作で業界トップクラスの性能を実現しています。オリジナルのローパワー技術を用いた低消費電力でかつ1V で動作するフラッシュメモリを搭載したローパワーマイコンを製造しています。 この技術により電池1個で10 年以上も動作可能になり、さまざまな電化製品に組み込まれています。

5. 業界トップクラスの品揃えと性能を誇る、ディスプレイドライバ

民生品から車載用まで業界トップクラスの品揃えと性能を実現しています。ディスプレイドライバでは、デジタルウォッチからPCモニタ、ノートPC、大型テレビ用へと液晶ドライバ技術を蓄積しています。ディスプレイドライバは、ディスプレイの縦横に配置されたR(赤)、G( 緑)、B(青)の光量を制御することで高精細、高スピードなカラー画像表示を可能にしています。

6. 電子機器の小型化に貢献、デジアナ混載技術

私たちの周りにはアナログ情報とデジタル情報が混在しています。多くの場合、電子機器の内部はデジタル回路とアナログ回路、相互変換回路などで構成されており、機器の小型化が進むにつれて、1つの半導体内部にデジタル回路とアナログ回路を作り込むデジアナ混載技術が重要な技術となっています。ラピステクノロジーの多くの半導体製品に本技術のノウハウを活用し、電子機器の小型化や高性能化に貢献しています。

ラピステクノロジーの品質

品質マネジメントシステム : ISO9001、自動車産業向け規格 : IATF16949を取得し
高い信頼性と品質安定性を確保しています。

企業目的
われわれは、つねに品質を第一とする。

いかなる困難があろうとも、良い製品を国の内外へ永続かつ大量に供給し、 文化の進歩向上に貢献することを目的とする。

品質管理基本方針
  • 社内標準化を全社的に推進し、データによる管理体制を確立する。
  • 総合的かつ継続的な調査活動を行い新技術、新製品の開発に努める。
  • 企業活動のあらゆる分野において、統計的方法を積極的に活用する。
  • すべての工程において、品質保証の体制を確立する。
  • つねに生産方式の近代化を図り、製品のコスト低減に努める。
  • 材料、半成品の購入に際しては、契約によって納入者に品質保証をさせること。
ISO9001 / IATF16949 認証取得

ラピステクノロジーでは、国際品質規格であるISO9001に加え、自動車業界に特化した規格であるIATF16949の認証につきましては、ラピスセミコンダクタ宮崎工場、宮城工場の支援部門として取得しています。 企業目的の「品質を第一」のもと、更なるお客様の満足度向上に向け、高い信頼性と品質の 安定性を確保した製品の開発を追求していきます。