• ラインアップ

  • 概 要

TFT液晶 表示用ドライバ (LCD)

   
階調
 
出力数
 
I/F
 
PKG
 
代表的な用途

ソースドライバ
大型TFT液晶ディスプレイ用

10bit
8bit
6bit

to 1440

mini-LVDS
Point to point

COF

大型TV、PCモニタ、ノートPC

ソースドライバ
中・小型TFT液晶用

8bit
6bit

to 1920

mini-LVDS
Point to point

COG

ノートPC、タブレットPC
産業用機器、車載ディスプレイ

ゲートドライバ
大型TFT液晶ディスプレイ用

 

to 540

CMOS

COF

大型TV、PCモニタ、ノートPC等

ゲートドライバ
中・小型TFT液晶用

 

to 1920

CMOS

COG

産業用機器、車載ディスプレイ

TFT液晶表示用ドライバはカスタム的要素が強い製品となりますので、
詳細については、こちらからお問い合わせください。

概 要

ラピステクノロジーのTFT液晶表示用ドライバ

TFT液晶ディスプレイでは、大型テレビ、各種モニタ(医療用、ゲーミング用、一般用、など)、ノートPC・タブレットPC、産業用機器、車載ディスプレイといったアプリケーションごとにさまざまな駆動技術が使われています。
ラピステクノロジーの表示用ドライバは、お客様の使用用途・ご要求仕様に沿って最適な特性となるよう個別に設計・開発を行っています。

TFT液晶表示用ドライバは
カスタム的要素が強い製品となりますので、
詳細については、こちらからお問い合わせください。

製品特長

特長1高負荷でも高速駆動可能な表示用ドライバで、大画面・高精細な液晶パネルを実現

モニタが大画面になるほど、表示用ドライバで駆動が必要なパネルの配線抵抗や液晶容量が大きくなります。
また高精細になるほど短時間で高速に液晶画素に充電することが求められます。
ラピステクノロジーの表示用ドライバは、画素への充電不足を解消する独自技術により、8K 120Hz、75インチ以上のパネルにも均一で高速な画素充電を実現します。

特長2高リフレッシュレートのゲーミングモニタに対応

ゲーミングモニタには、よりなめらかに表示するため高いリフレッシュレート*1 が求められます。リフレッシュレートが高くなるほど、短時間で画素にデータを書き込まなければなりません。
ラピステクノロジーの表示用ドライバは、短時間に大容量の映像データを伝送できる、高速Point to Pointインタフェース技術*2 (4Gbps)を保有し、360Hzなどのリフレッシュレートへの採用実績が多数あります。
お客様が使用するさまざまなインタフェース方式にも対応しています。
  • *1 ディスプレイが1秒間に何回描画できるかを表す数値
  • *2 タイミングコントローラ出力と表示用ドライバ入力を1対1で接続するインタフェース方式

特長3車載向けディスプレイに対応

車載向けディスプレイには車載品質を確保すると同時に、配線本数の削減や長距離伝送が求められます。ラピステクノロジーの表示用ドライバは、この要求を満たすために異常検知する機能や独自のPoint to Pointインタフェースを搭載しています。
クラスタやセンターインフォメーションディスプレイが一体化した横長のパネルにも搭載可能です。

適用アプリケーション

ラピステクノロジーのTFT液晶表示用ドライバは、大型TV向け、各種モニタ (医療用、ゲーミング用、一般用、など) 、ノートPC、タブレットPC、産業用機器、車載ディスプレイなどでご使用いただけます。

ラピステクノロジーのディスプレイドライバの適用アプリケーション