• ラインアップ

  • 概 要

  • 音声コードデータ作成ツール

  • リファレンス

  • ドキュメント

  • 開発支援
  • FAQ
  • サポートサイト ログイン
  • 音声再生8bitマイコン 特設サイト
  • マイコン豆知識
  • マイコン設計者がお答えします!技術的問い合わせフォーム

サポートサイト ログイン

音声再生 8bit ML610Q300 ラインアップ

  データ
シート
ROM
種別
ROM
容量
(Byte)
データ
Flash容量
(Byte)
RAM
容量
(Byte)
LCD
ドライバ
スピーカ
アンプ出力(W)
/クラス
その他 PKG チップ
対応
ハロゲン
フリー
対応
産業
機器
対応
ネット
商社
在庫
  • ハロゲンフリー対応印 : ハロゲンフリー対応品をご用意しています。詳細は担当営業にお問い合わせください。
  • 産業機器対応印 : 産業機器の用途については担当営業にお問い合わせください。

概 要

8bit ML610Q300、システムブロック図

ML610Q300は、RISC方式のラピステクノロジーオリジナル8bit CPU U8 Core を搭載した高性能CMOS 8bit 音声出力機能付きマイクロコントローラです。

高音質な音声再生機能と高出力スピーカアンプをハードウェアとして搭載し、ワンチップで音声出力機能を実現します。従来のミドルウェアによる音声再生と比較し音質に優れ、制御も簡単で、マイクロコントローラのパフォーマンスも最大限に発揮することが可能です。

この優れた音声再生機能と低消費/ハイパフォーマンスなU8 Core、3V/5V対応電源、豊富な周辺制御機能により電池駆動からAC駆動製品まで、1チップによる音声再生ソリューションを提供します。

周辺部品を内蔵し、省スペース化、故障リスクを低減

ML610Q300 音声再生マイコンのメリットML610Q300 音声再生マイコンのメリット

ラインアップ マトリクス

LCDドライバ非搭載 スタンダードタイプ
LCDドライバ搭載 セグメントタイプ

製品特長

特長11チップで音声出力機能を実現

  • ローパスフィルタ搭載でノイズ低減
  • 音声アルゴリズム、HQ-ADPCM*1、4bit ADPCM2、8bit PCM (ノンリニア / ストレート)、16bit PCM (ストレート)
  • 5V時 最大1Wのスピーカアンプを搭載
  • 電源電圧範囲は 2.0V to 5.5V に対応
ML610Q300の特長1
  • *1 : ML610Q304は除く

特長2高音質・高圧縮HQ-ADPCM搭載だからメモリ容量削減可能

ML610Q305およびML610Q306には、新しく開発した高音質、高圧縮の音声圧縮アルゴリズムHQ-ADPCMを搭載し、従来のADPCMに比べて、より少ないデータ量でクリアなサウンド、豊かな音域を確保し、聴いて飽きない音、心地よいサウンドをご提供します。
例えば、メロディ、効果音などは、従来はADPCMでは音質劣化してしまうため、圧縮できずPCM再生となっていましたが、HQ-ADPCMでは、メロディ、効果音も圧縮できますので、メモリ容量の大幅な削減が可能となります。4bitADPCMに対しては、概ね80%程度、16bitPCMなら20%程度に圧縮できます。
HQ-ADPCMは高音質のまま高圧縮できる

特長3音声再生が容易に可能

  • 音声レジスタに音声コードデータをセットするだけで音声再生機能を実現
  • 音声レジスタには16バイト分*1または / 32バイト分*2のFIFOを搭載しているため、音声コードデータ要求割り込みの間隔を長くすることが可能
音声再生の条件 音声コードデータ要求割込み時間*3
16bit PCM、16kHz時 250µS
  • *1 : ML610Q304の場合
  • *2 : ML610Q305/ML610Q306の場合
  • *3 : FIFOがすべて満たされている状態から空になるまでの時間

適用アプリケーション

" U8 Core " を搭載した「ML610Q300」は、体温計やヘルスケア機器などの乾電池駆動機器から火災報知器などのセキュリティ機器、住設、家電などAC駆動機器まで音声再生ソリューションを提供します。

ML610Q300は、乾電池駆動機器やAC駆動機器などの音声再生ソリューションを提供します

音声合成作成ユーティリティツール (Speech LSI Tools)

Speech LSI Tools

音声再生マイコンで使用する音声コードデータの作成は、PC上で動作する「Speech LSI Tools」のソフトウエアを使用します。

このSpeech LSI Toolsには、原音データ(WAVEファイル)の音声カット・接続やフェードイン・フェードアウトなどの変更が容易にできる「Wave Editor」と、WAVEファイルからHQ-ADPCM、ADPCM2フォーマットなどへの変換およびフレーズの編集ができる「Speech LSI Utility」などが含まれています。

Speech LSI Tools の動作環境

Microsoft®

Windows Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

Note : 32bit (x86) / 64bit (x64) 環境に対応

プロセッサおよびメモリ

セットアップされているOSのシステム要件に準じます

ハードディスク領域

1GBの使用可能なハードディスク領域

オーディオ

Windows互換のサウンドカードおよびスピーカー

USB Port

LSI ドキュメント ダウンロード

  • *MSL : Moisture Sensitivity Level
 

データ
シート

rev.

ユーザーズ
マニュアル

rev.

ホワイト
ペーパー

rev.

エラッタ

rev.

その他

rev.

パッケージコード

外形図
実装仕様

環境データ

MSL*

リファレンスボード ドキュメント ダウンロード

 

データ
シート

rev.

ユーザーズ
マニュアル

rev.

ホワイト
ペーパー

rev.

エラッタ

rev.

その他

rev.