音声合成LSIラピステクノロジーの商品ラインアップはこちらから!
音声合成LSIのご紹介
音声合成LSIセレクションガイド

音声合成LSIで音が鳴るメカニズム

・音の量子化と符号化

 デジタルデータでアナログの波形を扱うためにサンプリングと同じぐらい大事なデータ処理として、量子化と符号化があります。量子化とは、サンプリングされた信号を電圧に従って数値化します。そして、符号化とは、量子化された信号を1と0のデジタルデータに変換します。音声合成LSIはトランジスタで構成されており、トランジスタの出力状態でH(1)とL(0)で表現できます。このようにして音データをLSI内に格納しています。では、音声合成LSIがどのような回路で構成されているかを次に説明します。

音声合成LSIラピステクノロジーの商品ラインアップはこちらから!
音声合成LSI車載対応ML22Q5xx,ML22Q3xx,ML225xxご購入はこちら
音声合成LSI設計者がお答えします!技術的問い合わせフォーム
サポートサイト