音声合成LSIラピステクノロジーの商品ラインアップはこちらから!
音声合成LSIのご紹介
音声合成LSIセレクションガイド

音声合成LSI内部の回路

 

音声合成LSI内部の回路

音はアナログの電気信号かPWM信号をスピーカに印加することで鳴らせると説明しましたね。
ここでは音声合成LSIに格納された音データからどのようにして音を鳴らせるのかを説明するために、
音声合成LSIの構成を説明します。
まずは、アナログ信号を出力する場合の音声合成LSI内部の回路構成について説明します。

①音声メモリに格納された音データをデコーダでデコードします。
②デコードされた音データをフィルタでフィルタリングします。
③フィルタリングされた音データをDACに入力してアナログ信号を出力します。
④DACではスピーカを駆動する能力がないので、
 アナログ信号を能力が高いAB級スピーカアンプ(アナログアンプ)に入力します。
⑤最後にAB級スピーカアンプでスピーカを鳴らします。

 

 

 

 

 

 

では次に、PWM信号を出力する場合の音声合成LSI内部の回路構成について説明します。

①音声メモリに格納された音データをデコーダでデコードします。
②デコードされた音データをフィルタでフィルタリングします。
⑥フィルタリングされた音データをPWM生成器に入力してPWM信号を出力します。
⑦PWM生成器ではスピーカを駆動する能力がないので、
   PWM信号を能力が高いD級スピーカアンプ(デジタルアンプ)に入力します。
⑧最後にD級スピーカアンプでスピーカを鳴らします。

 

 

音声合成LSIラピステクノロジーの商品ラインアップはこちらから!
音声合成LSI車載対応ML22Q5xx,ML22Q3xx,ML225xxご購入はこちら
音声合成LSI設計者がお答えします!技術的問い合わせフォーム
サポートサイト